ヤーコンが含む・フラクトオリゴ糖

ヤーコンに含まれているフラクトオリゴ糖は、多糖類で
グルコース(ブドウ糖)・フルクトース(果糖)という単糖類が結合しスクロールとなり
さらに、フルクトースが結合して形成されています。

これは、胃や腸で消化吸収されにくい形といえます。

難消化性であるためオリゴ糖は、肥満を招かない甘味料と言えます。
糖分をひかえめにされている方や生活習慣病などで、糖分を制限されて
いるかたでも、安心して食べる事が出来る甘味料と言えます。

人の腸内の細菌類を年齢別に調べてみると、胎児の場合は、母体の体内の無菌環境で
守られていますが、出産翌日の赤ちゃんの便には、外界の細菌・大腸菌などが検出されます。
その後、出生5日目以降には、ビフィズス菌などの善玉菌が優勢になり、悪玉菌が減少して
安定すると言う事です。乳児の腸内環境が母乳中のラクトースにより
ビフィズス菌の生育に適する環境になるためだということです。

やがて、乳児が離乳期を迎え、大人の食べ物に近いものを食べ始めると、
腸内細菌類も大人のものに近づいて、悪玉菌が増えてきます

乳児の場合、母乳で育った子供と、粉ミルクで育った子供では、母乳で育った子供のほうが
カゼをひきにくい、病気に強いと言われていますが、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌の差
免疫力の違いになっていると思われます。 幼児期の
アトピー・アレルギーなども、この免疫力の違いによって表れるものかも知れません。

成長期の子供達には、オリゴ糖は、腸内細菌類のバランスを保つためには、
欠かせないものかもしれません。 
ヤーコン
は、フラクトオリゴ糖の含有量が世界一の野菜です。
ヤーコンのフラクトオリゴ糖で善玉菌を増やし善玉菌優勢のおなかにして調子を整え
ヤーコンの中の豊富な食物繊維で老廃物を排出させ通じを良くすることも可能です。
日々、ヤーコンや色々な野菜を食べる事により、健康でありたいものですね!


TOP     ヤーコン村     ヤーコン 村ショッピングカート